川崎の工場夜景は本当に見るべきだ!(はとバスツアーに参加しました)

宣言通りはとバスツアーに1人で参加しましたシドニー1219です。

私が参加したツアーはこちら
話題の川崎工場夜景スポット
結論から言うと…すんごい良かった!!!感動です!一見の価値あります!

ツアーはざっくりこんな感じ。

  1. 食事(焼肉)
  2. 根本造船所
  3. 川崎マリエン
  4. 東扇島
  5. 市営ふ頭
  6. 浮島(ドライブ)
  7. レインボーブリッジ(ドライブ)

焼肉~

集合場所に16時頃行くと…かなり人がいましたw予想と大違い泣
年齢層は30代から60代まで幅広く、夫婦や友人同士、カップルがほとんどでした。
ちなみにぼっち参加者は、私だけ…ではなかった!1人女性がいました!
男性じゃなかったことにびっくりw

最初は高速で夕暮れの東京を眺めながら食事会場へ。

 

 

 

 

 

 

焼肉屋桜苑で焼肉。1人参加者はどうするのかと思ったら…

もう1人のぼっち参加者と相席になりましたw
ぼっち参加者とお肉を焼きながら、ツアーに参加した理由など話しました。
その方は箱根のはとバスツアーにも参加してます。タフだ~

 

 

 

 

根本造船所

食事後は川崎市観光協会に認定の夜景ガイドさんの説明を受けながら、根本造船所へ。

暗くてきれいに写せんかったw

ガイドさんの説明は勉強になることが多くて、ひたすらスマホにメモしてましたw
根本造船所は「半沢直樹」のロケで使われたそうで、ドラマや映画のロケ地でよく使われている場所です。

年間400隻程の船の修理がメインの会社で、警視庁や消防署の官庁の船から遊覧船などの民間の船の修理も手掛けているそうです。

普段は、【立ち入り禁止区域で入れないんですよ!】実際にガイドさんが検証したので、間違いありませんw

私がツアーに行った時も警視庁の船が停泊していました。
ここでは、旭化成などの工場を対岸から眺めました。写真を見た方が良いので、見せますよ!

工場から出ている白い煙がありますが、あれって有害な物質ではないんですよ。
ガイドさんの説明聞いて知ったんですが、煙に見えるのは水蒸気です。
寒い時に息をはくと、白くなりますよね。あれと同じ原理です。
当日は夜で温度が低かったので、煙に見えたんです。

川崎マリエン

大きすぎて全体写せないw

外見がパリの凱旋門に似てるとかなんとか言われてるらしいです。
ここの展望台からは、川崎の工場地帯が一望できます!

入口にはなぜかホオジロザメのはく製がw
「かわジロー」という名前までついてます。

実は、かわジローは平成17年に川崎港に迷い込んだサメで死因など原因は不明ですが、大きさは世界最大級だそうです。詳細はこちら

10階の展望台に行くとこんな賞状が。

日本夜景遺産に登録されると、観光スポットとして取り上げられるので
年々登録場所が増加しています。
参考→日本夜景遺産
さらに夜景検定まであるそうですw

で、川崎マリエンからの夜景~
倉庫街に近いため、工場が遠い…。自動車会社のSUBARUの車両基地を見られました!
新車が大量に駐車してあり、主に欧米向けだそうです。

 

 

こちらは海に浮かぶ赤白の塔ですが、船ですw海を埋め立てる前に地盤を確認する時に使用されるそうです。

東扇島公園

災害用の基地にも使用される所ですが、海に近いため風がすんごい強かったです。
お客さんの一部は寒くてバスに戻ってましたw

対岸からJXの工場を眺めました。写真の赤い光ですが、「フレアスタック」というそうです。
風が強くてぶれてる泣。石油工場では、よく見かける風景です。
製油所などで発生した余分なガスを無害化するときに燃やすんですが、その時に発生する炎を指します。
工場点検の時は、勢いよく燃やして空が真っ赤になり、勘違いした人が消防への通報もあるとかw

市営ふ頭

日本触媒の工場へ。紙おむつに使用されている樹脂を世界の4分の1生産している会社です。
日本触媒の工場夜景は、【聖地】と言われておりその理由が…。
線 路!

工場内を通る線路と工場を一緒に撮影出来る絶好のスポットとして有名です。
工場夜景ツアーでメインで使われている写真はこの場所でしたw

昨日もおじさんが頑張って撮影してましたw
線路内は侵入禁止のため撮影の時はご注意を!
景色は本当に美しいです。見に行く方が早いですw

浮島→レインボーブリッジ

東京駅までの帰り道は、高速を通ったんですが。
最後のバスからの夜景ドライブは…。

やばいです!声が出ません!
バスの中からしか見られない夜景です。
普通車だと壁があるため不可能です!
写真撮れませんでした!申し訳ないです!
ただ、お客さん全員いい意味でため息ついてました!
そのぐらい素晴らしい景色です!

東京タワーやスカイツリーのライトアップも車窓から見られます。
運転中だと撮影むずいwブレブレw

その他にもせっかくなので、こんなところを撮影しました。
・歌舞伎座

・東京駅

はとバスツアーの感想

初めてのはとバスツアーですが…良かった!!!
約7000円したけど、払って行く価値あります!
土曜日開催のため、早めに申込しないとすぐに席が埋まります。
私が申し込んだときは、すでに24日は満席になっていました。

私ははとバスから申し込みましたが、別の旅行会社でも同じツアーを
しています。→ポケカル

こちらでは、食事がお弁当になる代わりに少し値段が抑えられてますので、
安く参加したい方はこちらをおすすめします!(約6000円です)

また、出発地も選べるので神奈川県に住んでいるという人も参加しやすいです!

ちなみにクルーズでも工場夜景を楽しめるので、バスは苦手という人は船で楽しむのもおすすめです。

工場夜景は、イルミネーションとは違う素晴らしさがあります!
一度経験して損ないです!

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です